給料ファクタリングのQ&A

個人向けファクタリングについての情報が満載です

このサイトでは給料ファクタリングについて解説します。
お金に困ったサラリーマンやOL、フリーター・パート・バイトにも利用できるサービスです。
会社が資金繰りのために活用していたファクタリングですが、今では需要が増え個人事業主にも利用できる業者が増えています。
働いている方であり一定の条件を満たすことで利用できるサービス。
便利なサービスですが悪質な業者も存在します。
業者の口コミや運営元、実績があるかどうかもチェックしましょう。

給料ファクタリングを個人事業主が使うのはどんな場面?

給料ファクタリングを個人事業主が使うのはどんな場面? 給料ファクタリングを活用し急な支払いに対処することができます。
個人であれば冠婚葬祭や医療費・介護費、生活費などの理由から現金が必要になることがあるでしょう。
個人事業主であれば事業の資金繰りとして活用できます。
入金までの資金繰り、仕入れ代金が必要になる、急な出費が必要になることもあるでしょう。
良い取引が発生した時に資金が足らず諦める局面もあります。
こういった時、ファクタリング業者が力になります。
給料ファクタリングの対象は基本給のみ。
そのため給料ファクタリングの審査時には、顔写真付きの身分証明書、公共料金や電話料金の請求書に加えて、直近2ヵ月分の給料明細と給料が入金されている通帳のページが必要となります。
個人事業主がファクタリングを利用する場合、保有する売掛金が少額であることから契約をしない業者もあります。
需要が増えていることから少額でも契約可能のファクタリング業者があるため調べてみましょう。

個人向けの給料ファクタリングに関する基礎知識

個人向けの給料ファクタリングに関する基礎知識 まずファクタリングとは、企業が有する売掛債権をファクタリング会社に売却・譲渡し、それを対価として資金調達する手法のことです。
この売掛債権というワードは、受け取っていない金銭を請求できる権利のことを指します。
この手法の企業にあたる部分を個人、経営者ではなくサラリーマンなどの被雇用者に当てはめたものが給料ファクタリングです。
個人へと毎月支払われる売掛債権、つまり給料を事前にファクタリング会社に買い取ってもらって、その代わりに実際の給料日前に資金調達を可能にするのが給料ファクタリングという手法です。
サラリーマンの給料は労働の対価として後日支払われるものであり、言い替えれば個人への債権であるため同じような手法が可能となります。
なおファクタリングは借入ではないのと同様に、給料ファクタリングも借金でも前借りでもありません。
そのため利息なしに、入院や冠婚葬祭など急にお金が必要になった際や多額のお金が必要な際に有効です。
さらにサラリーマンだけでなく、定期的な給与所得がなされているのであればアルバイトやフリーランスでも給料ファクタリングを利用できます。
ただし金利手数料が存在しない代わりに、給料債権の買取手数料が発生する点はよく覚えておきましょう。

利用している給料ファクタリングサービスの利息に違和感があったら

新型コロナウイルスの拡大に伴い、サラリーマンに支払われる給料を担保に資金を調達する給料ファクタリングを利用する個人が増えています。
しかし、このサービスの利用は違法レベルに利息が高いケースが多いため注意しなければなりません。利息制限法によりますと金利は年15%~20%を上限とすることがルール化されていますが、現行法においては、ファクタリング会社はこの制限が適用される貸金業への登録は不要としています。
なぜなら、ファクタリングは金銭の貸付ではなく売買に該当するという考え方が基本だからです。ところが、この状況を悪用し、一部の給料ファクタリング会社は法外な金利を設定し、近年、法的なトラブルに発展するケースが増加中です。
法人に対するファクタリングサービスと異なり、個人に対する給料ファクタリングは事実上は金銭の貸付に該当するケースが圧倒的多数であるにも関わらず、こうした被害が続出しています。金融庁はこの状況を踏まえ、給料ファクタリングサービスの実態は貸金業であることを認めています。
したがって、利用しているサービスの金利が違法レベルであると確認できた場合、行政機関や法律家に相談してみることをお勧めします。

給料ファクタリングを利用する場合に注意すべきこと

一般的にファクタリングと言えば、法人や個人事業主が売掛債権を売却してお金を調達する方法を意味します。これを応用したのが、個人向けの給料ファクタリングサービスです。
給料ファクタリングのサービスを利用する際に気を付けたいのは、闇金業者が暗躍している可能性がある点です。このような悪質な業者を利用すると、非常に高額な手数料を徴収される可能性があります。
そして、こうした業者は都道府県知事に対する貸金業の登録を怠っている傾向が強いとされます。つまり、一般的な相場とされる40%を超えるような手数料を設定している業者や、貸金業ではないため登録は行っていないと主張する業者を利用することは可能な限り回避しなければなりません。
一方、利用者として行うべきではないこともあります。特に注意しなければならないのは、複数の給料ファクタリングサービスを利用する場合です。
特に、利用総額が給料債権の額を超えるならば二重譲渡に該当するおそれがあり、民事上の責任に加え、刑法上の責任に問われる可能性もあります。

ファクタリングに関する情報サイト

給料ファクタリング

新着情報

◎2021/1/18

廃業してないところもあります
の情報を更新しました。

◎2020/11/13

実績がある会社を利用しよう
の情報を更新しました。

◎2020/8/7

個人への運営元は要確認
の情報を更新しました。

◎2020/06/15

サイト公開しました

「個人 事業主」
に関連するツイート
Twitter