給料ファクタリングのQ&A

個人向けファクタリングについての情報が満載です

このサイトでは給料ファクタリングについて解説します。
お金に困ったサラリーマンやOL、フリーター・パート・バイトにも利用できるサービスです。
会社が資金繰りのために活用していたファクタリングですが、今では需要が増え個人事業主にも利用できる業者が増えています。
働いている方であり一定の条件を満たすことで利用できるサービス。
便利なサービスですが悪質な業者も存在します。
業者の口コミや運営元、実績があるかどうかもチェックしましょう。

給料ファクタリングを個人事業主が使うのはどんな場面?

給料ファクタリングを個人事業主が使うのはどんな場面? 給料ファクタリングを活用し急な支払いに対処することができます。
個人であれば冠婚葬祭や医療費・介護費、生活費などの理由から現金が必要になることがあるでしょう。
個人事業主であれば事業の資金繰りとして活用できます。
入金までの資金繰り、仕入れ代金が必要になる、急な出費が必要になることもあるでしょう。
良い取引が発生した時に資金が足らず諦める局面もあります。
こういった時、ファクタリング業者が力になります。
給料ファクタリングの対象は基本給のみ。
そのため給料ファクタリングの審査時には、顔写真付きの身分証明書、公共料金や電話料金の請求書に加えて、直近2ヵ月分の給料明細と給料が入金されている通帳のページが必要となります。
個人事業主がファクタリングを利用する場合、保有する売掛金が少額であることから契約をしない業者もあります。
需要が増えていることから少額でも契約可能のファクタリング業者があるため調べてみましょう。

個人向けの給料ファクタリングに関する基礎知識

個人向けの給料ファクタリングに関する基礎知識 まずファクタリングとは、企業が有する売掛債権をファクタリング会社に売却・譲渡し、それを対価として資金調達する手法のことです。
この売掛債権というワードは、受け取っていない金銭を請求できる権利のことを指します。
この手法の企業にあたる部分を個人、経営者ではなくサラリーマンなどの被雇用者に当てはめたものが給料ファクタリングです。
個人へと毎月支払われる売掛債権、つまり給料を事前にファクタリング会社に買い取ってもらって、その代わりに実際の給料日前に資金調達を可能にするのが給料ファクタリングという手法です。
サラリーマンの給料は労働の対価として後日支払われるものであり、言い替えれば個人への債権であるため同じような手法が可能となります。
なおファクタリングは借入ではないのと同様に、給料ファクタリングも借金でも前借りでもありません。
そのため利息なしに、入院や冠婚葬祭など急にお金が必要になった際や多額のお金が必要な際に有効です。
さらにサラリーマンだけでなく、定期的な給与所得がなされているのであればアルバイトやフリーランスでも給料ファクタリングを利用できます。
ただし金利手数料が存在しない代わりに、給料債権の買取手数料が発生する点はよく覚えておきましょう。

ファクタリングに関する情報サイト

給料ファクタリング

新着情報

◎2020/8/7

個人への運営元は要確認
の情報を更新しました。

◎2020/06/15

サイト公開しました

「個人 事業主」
に関連するツイート
Twitter